廃プラ処理が簡単に燃料、電気なしでOK!、。エベレストでも砂漠でも可動します。プラスチックゴミ問題も解決。使用中の大型焼却炉から出た残渣を再処理で大幅に減容できます。

設置場所は病院・学校・老人ホーム・ホテル・旅館・各種商業施設・工場・食品業・畜産業・建設現場・野外イベント会場・団地など、エベレストや南極でも活躍します。
生活ゴミ・紙おむつ等の難燃物・ゴム製品・木材・プラスチック等の石油化学製品・動植物性残渣・農業廃棄物・工業廃棄物・漁網・牛豚鳥の糞・その他。

有機物であれば、基本的にどんなものでも処理可能ですが、処理物によっては同じ処理物だけの投入より、一定の割合での混合投入が、より良い処理状態を作ります。専門オペレーターを決定していただき、事前に2日程度の実施指導をいたします。

W-MTDの特徴


1,本体は磁気熱を活用したプラントです。磁気熱分解装置は焼却処理ではありません。ダイオキシン、CO2の排出を抑制します。
2,運転・稼働時は一切の電力、化石燃料を使用しないで処理できます。
3,廃棄物の量を1/300 ~1/500に削減できます。
4,本体には一切のメーター、スイッチなどの計器はありません。すべて手作業、人間の目に頼ったプラントです。
5,環境に応じて、どこへでも移動できます。

注意項目
1,水が滴る処理物は乾燥させる。
2,処理できるものは有機物です。
3,長いものは破砕するなどして入れてください。
4,処理物によっては乾燥機が必要です。
5,処理時間は処理するものによって変わります。
  経験とノウハウが多少必要です。
6,性能を維持するには6ヶ月に1度の点検をおすすめします。

ゴミ埋立問題
(徐々に埋立地が無くなっている中、この磁気熱分解装置を使用して、現在使用中の焼却炉をそのまま使用しながら、埋め立てるゴミの量を減らすことができます)

W-MTD(磁気熱分解装置)は焼却炉とは根本的に処理理論が異なっているため、排気温度も極端に低温で100℃以下であり、更に排気ガス畳も900L仕様でさえも60m3/hです。
故に環境省が定めている焼却炉の理論は成立致しません。排出ガス中の有害物質量も極端に少なく、また、処理後の残渣量も焼却炉1/10に対し1/300~1/500の量です。
焼却炉灰は2次処理溶融しても減少率は1/15程度ですから、W-MTDは溶融より遥かに残渣の量が少ないだけでなく、残渣中の有害物質も極端に少なく焼却炉では達成不可能な高性能さを発揮しています。
埋立地の問題で現在、ご使用中の大型焼却炉から出る残渣をW-MTDで再処理し、残渣を少なくする事も一つの方法と考えます。


排煙処理装置に関してはこちらです


You TubeでW-MTD(磁気熱分解装置)の動画を見る

磁気熱分解装置の最新版はこちらです。英語版もあります。


指圧・マッサージ

このサイトの管理者が通っている指圧・マッサージ院です。私の左腕ですが、1年に渡り、物を押し付けたりする時、その入れた力を抜く時に何とも形容しがたい痛みと言うか、脱力感と言うかがあって何とかしたいと思っていましたが、あるBBSで、とても良い施術をするという評判を見て伺うことにしました。
予約をお願いし、東京の等々力駅から2~3分のところにありますので行ってきました。決して大きくはないのですが一人ひとりを丁寧に見ていただける施術院でした。
詳しく知りたい方や予約は こちらからお願いします。

「指圧・マッサージ 一 (はじめ)」
東京都世田谷区等々力4-5-11
電話 03-5656-5300
http://www.siatu-hajime.com/

もっと見る



あなたの表現物を守ります

米国著作権登録申請
それはあなたが将来において悔しい思いや、後悔することが無いように、また、新しいあなたの考えが多くの利益を生むからです。 また、そのような著作物を他の誰かにマネされないようにするためです。「その考えを使わせて欲しい」と言ってくればどうぞと言えるが、黙ってマネをされれば腹が立つ。 著作権は権利の束(たば)と言われています。

もっと見る



音楽のパワーは凄い!

NPO法人世界音楽友達の会
音楽を通して地域活性化などをお手伝いします

もっと見る



東京表参道ブランド推進室

W-MTD(磁気熱分解装置)は焼却炉とは根本的に処理理論が異なっているため、排気温度も極端に低温で100℃以下であり、更に排気ガス畳も900L仕様でさえも60m3/hです。故に環境省が定めている焼却炉の理論は成立致しません。排出ガス中の有害物質量も極端に少なく、また、処理後の残渣量も焼却炉1/10に対し1/300~1/500の量です。焼却炉灰は2次処理溶融しても減少率は1/15程度ですから、W-MTDは溶融より遥かに残渣の量が少ないだけでなく、残渣中の有害物質も極端に少なく焼却炉では達成不可能な高性能さを発揮しています。埋立地の問題で現在、ご使用中の大型焼却炉から出る残渣をW-MTDで再処理し、残渣を少なくする事も一つの方法と考えます。

東京表参道ブランド推進室とは

もっと見る



ページトップへ戻る