廃プラ処理が簡単に燃料、電気なしでOK!、。エベレストでも砂漠でも可動します。プラスチックゴミ問題も解決。使用中の大型焼却炉から出た残渣を再処理で大幅に減容できます。

W-MTD(磁気熱分解装置)は、炉内に送られる僅かな空気と磁力とが、磁気熱反応を起こし高エネルギー状態となることで、炉内の有機物を燃焼させることなく、原子の状態までバラバラに分解することで、処理を行います。
一部、稼働の際、挿入される空気の量が多い場合は多少の炭化が生じますが、その炭化した処理物を再投入して再度分解させることによりセラミック質の粉体となり、処理灰として炉内に残ります。
稼働初期時に僅かな加熱を要しますが、分解反応の熱源に関しては電気、化石燃料などを必要としません。
これは、初期に加熱した有機物が炉内の処理灰(生成セラミック灰)に接触することで、有機物の分解が連鎖的に起こり、投入物自体が磁気を帯びた処理灰となり、発熱を起こすためです。分解の進み具合を見て、処理物の投入を続ける限り、分解反応は続くのでランニングコストは一般の焼却炉に比べ非常に低コストです。また、CO2の排出に関しても化石燃料を使用しないため環境にも優しいです。
このW-MTDは有機物全般の処理が可能で、投入物は無分別で差支えありません。プラスチック、紙、樹脂製品、木材など分別無しで投入できます。ただし、含水率が高いもの、生木や野菜くずはそのまま大量に投入してしまうと稼働しづらく、稼働しても処理時間が長くなりますので、炉内に投入する際には、含水率を20%以下程度にすることが良いと考えます。
投入物は、分解され減少するにつれ、連続的に投入でき、最終的には1/300~1/500にまで減容化されます。
また、無機物は分解されませんが、ビニールに巻かれた電線や、金具混じりのパソコンなども投入は可能で、その内の有機物は分解され、無機物は処理灰に混ざって下に落ちますので、後で篩いにかけ取出せば良いと考えます。地球環境を守りましょう。

W-MTD(磁気熱分解装置)は焼却炉とは根本的に処理理論が異なっているため、排気温度も極端に低温で100℃以下であり、更に排気ガス畳も900L仕様でさえも60m3/hです。故に環境省が定めている焼却炉の理論は成立致しません。排出ガス中の有害物質量も極端に少なく、また、処理後の残渣量も焼却炉1/10に対し1/300~1/500の量です。焼却炉灰は2次処理溶融しても減少率は1/15程度ですから、W-MTDは溶融より遥かに残渣の量が少ないだけでなく、残渣中の有害物質も極端に少なく焼却炉では達成不可能な高性能さを発揮しています。埋立地の問題で現在、ご使用中の大型焼却炉から出る残渣をW-MTDで再処理し、残渣を少なくする事も一つの方法と考えます。地球環境を守りましょう。

埋立ゴミの減容化とオムツ処理


W-MTD(磁気熱分解装置)ができること、W-MTDのシステムとは

我々人間が生きていく上で発生してくる大量のプラスチックのゴミ、食品廃棄物、家庭ゴミ等の処理は現在、焼却するか埋設、一部再資源化するなど各方面で涙ぐましい努力がなされています。
しかし、焼却場からでる焼却灰の埋立て地にも限界があり受け入れする余力がなくなってきています。新しい埋立て地を作れば良いのですが、各種課題もあり簡単に作ることはできません。
また、地中に埋設する方法もありますが、現代は複雑な物質もあり地球環境に影響を与えかねません。

〇私達にできることは、そうしたゴミを減らすこと、できるなら再資源化して埋立てる量を減らすことしかありません。
〇W-MTDは再資源化の技術とシステムであると言っても過言ではありません。
W-MTDは我々の日々の生活、産業活動で発生するゴミの焼却灰を、W-MTDで再処理すれば、更に減容化と無害化してニューセラミクスを作り、そのニューセラミクスをW-MTDに一部再利用することで、今まで廃棄していた焼却灰を限りなく少なくするシステムであると言えます。

例)焼却場に搬入されるゴミの量を100とすればW-MTD処理後の量は1/300~1/500になります。減容化と無害化がW-MTDの技術です。
しかし、費用の事もあり、簡単に現在使用中の大型焼却炉を入替える事など難しい問題があります。
例として、処理後の残渣量も焼却炉1/10に対し、W-MTD(磁気熱分解装置)は1/300~1/500の量です。焼却炉灰は2次処理溶融しても減少率は1/15程度ですから、W-MTDは溶融より遥かに残渣の量が少ないだけでなく、残渣中の有害物質も極端に少なく焼却炉では達成不可能な高性能さを発揮しています。
埋立地の問題でお困りの場合、ご使用中の大型焼却炉から出る残渣をW-MTDで再処理し、残渣を少なくする事も一つの方法と考えます。

〇W-MTDのもう一つのテーマが急増するオムツ処理です。
オムツは自治体ごとに産業廃棄物か一般廃棄物に指定され、いずれも焼却処分ですが、近年は10年前に比べ大幅に急増しています。
紙オムツは処理する時、木材処理時などの2~3倍のカロリーが必要とされ、その結果、大量の空気も必要とするため処理温度が上がり、耐火レンガでさえもボロボロになり、メンテナンスに多くの費用がかかります。
近年はメーカー等が再資源化、処理方法の多様化も進んでいますが、W-MTDの処理方法は収集されたオムツを、そのままW-MTDに投入するだけでダイオキシン、CO2を発生させず減容化と無害化します。


排煙処理装置に関してはこちらです


You TubeでW-MTD(磁気熱分解装置)の動画を見る

磁気熱分解装置の最新版はこちらです。英語版もあります。


指圧・マッサージ

このサイトの管理者が通っている指圧・マッサージ院です。私の左腕ですが、1年に渡り、物を押し付けたりする時、その入れた力を抜く時に何とも形容しがたい痛みと言うか、脱力感と言うかがあって何とかしたいと思っていましたが、あるBBSで、とても良い施術をするという評判を見て伺うことにしました。
予約をお願いし、東京の等々力駅から2~3分のところにありますので行ってきました。決して大きくはないのですが一人ひとりを丁寧に見ていただける施術院でした。
詳しく知りたい方や予約は こちらからお願いします。

「指圧・マッサージ 一 (はじめ)」
東京都世田谷区等々力4-5-11
電話 03-5656-5300
http://www.siatu-hajime.com/

もっと見る



あなたの表現物を守ります

米国著作権登録申請
それはあなたが将来において悔しい思いや、後悔することが無いように、また、新しいあなたの考えが多くの利益を生むからです。 また、そのような著作物を他の誰かにマネされないようにするためです。「その考えを使わせて欲しい」と言ってくればどうぞと言えるが、黙ってマネをされれば腹が立つ。 著作権は権利の束(たば)と言われています。

もっと見る



音楽のパワーは凄い!

NPO法人世界音楽友達の会
音楽を通して地域活性化などをお手伝いします

もっと見る



東京表参道ブランド推進室

有機物であれば、基本的にどんなものでも処理可能ですが、処理物によっては同じ処理物だけの投入より、一定の割合での混合投入が、より良い処理状態を作ります。専門オペレーターを決定していただき、事前に2日程度の実施指導をいたします。地球環境を守りましょう。

東京表参道ブランド推進室とは

もっと見る



ページトップへ戻る