廃プラスチック処理が簡単に燃料、電気なしで、エベレストでも砂漠でも可動します。プラスチックゴミ問題も解決。大型焼却炉から出た残渣(有機物)を再処理で大幅に減容できます。病気になる前にシリカを食べよう。

マイナスイオンの世界、陽イオン吸収装置

マイナスイオンの世界、陽イオン吸収装置

当社では代理店を募集しています。


もみ殻100%のシリカ


マイナスイオンの世界、陽イオン吸収装置


一般的にシリカとは?
1、シリカは全身に存在します。
  ① 血管、骨、軟骨、毛髪、リンパ腺、筋肉、歯、爪、気管支など。
  ② 全身の臓器、組織の再生を助けるシリカ。
2、シリカは2番目に多い。
  ① 地球表面上で酸素の次、2番目に多い元素です。
3、シリカの組成は?
  ① 単細胞植物、プランクトン、珪藻が化石化したもの。
  ② 永年、海底、湖底、地中に積り「ケイ素の層」になったもの。
4、シリカは体内で作れない。
体から毎日10~40mg消費しますが、加齢で保持力が低下するので、補充することが最適です。

このシリカはもみ殻を超微粉化したもので、パンやクッキーに、お茶やコーヒーに、味噌汁に混ぜて飲む食品です。


もっと見る

W-MTDという磁気熱分解装置


W-MTDの特徴


マイナスイオンの世界、陽イオン吸収装置

1,本体は磁気熱を活用したプラントです。磁気熱分解装置は焼却処理ではありません。ダイオキシン、CO2の排出を抑制します。
2,運転・稼働時は一切の電力、化石燃料を使用しないで処理できます。
3,廃棄物の量を1/300 ~1/500に削減できます。
4,本体には一切のメーター、スイッチなどの計器はありません。すべて手作業、人間の目に頼ったプラントです。
5,環境に応じて、どこへでも移動できます。

もっと見る

あなたが表現したデザイン・マーク・図面・研究資料などの著作権は米国が一番です。


それはあなたが将来において悔しい思いや、後悔することが無いように、また、新しいあなたの考えが多くの利益を生むからです。 また、そのような著作物を他の誰かにマネされないようにするためです。「その考えを使わせて欲しい」と言ってくればどうぞと言えるが、黙ってマネをされれば腹が立つ。 著作権は権利の束(たば)と言われています。
1,今まで著作期間は著作者の死後50年間でしたが、70年になります。
2,真似されても訴えなければ捜査してもらえなかったのですが、訴えなくても警察独自で捜査できるようになります。
3,今までは裁判で勝訴しても実害ぐらいしか賠償金が出なかったのが、犯罪ということで米国のように億というお金が云々されています。

著作権は、多くの支分権から成り立っており、しばしば「権利の束」と呼ばれます。


支分権とは(複製権、上演権及び演奏権、上映権、公衆送信権等、口述権、展示権、頒布権、譲渡権、貸与権、翻訳権(翻案権、追求権を言う

もっと見る

表参道ブランド推進室とは


もっと見る

更新情報・お知らせ


ホームページリニューアルNEW
もみ殻100%シリカの取扱(卸)NEW
ホームページリニューアルNEW

指圧・マッサージ

このサイトの管理者が通っている指圧・マッサージ院です。私の左腕ですが、1年に渡り、物を押し付けたりする時、その入れた力を抜く時に何とも形容しがたい痛みと言うか、脱力感と言うかがあって何とかしたいと思っていましたが、あるBBSで、とても良い施術をするという評判を見て伺うことにしました。
予約をお願いし、東京の等々力駅から2~3分のところにありますので行ってきました。決して大きくはないのですが一人ひとりを丁寧に見ていただける施術院でした。
詳しく知りたい方や予約は こちらからお願いします。

「指圧・マッサージ 一 (はじめ)」
東京都世田谷区等々力4-5-11
電話 03-5656-5300
http://www.siatu-hajime.com/

もっと見る



あなたの表現物を守ります

マイナスイオンの世界、陽イオン吸収装置

米国著作権登録申請
それはあなたが将来において悔しい思いや、後悔することが無いように、また、新しいあなたの考えが多くの利益を生むからです。 また、そのような著作物を他の誰かにマネされないようにするためです。「その考えを使わせて欲しい」と言ってくればどうぞと言えるが、黙ってマネをされれば腹が立つ。 著作権は権利の束(たば)と言われています。

もっと見る



音楽のパワーは凄い!

マイナスイオンの世界、陽イオン吸収装置

NPO法人世界音楽友達の会
音楽を通して地域活性化などをお手伝いします

もっと見る



東京表参道ブランド推進室

マイナスイオンの世界、陽イオン吸収装置

東京表参道ブランド推進室とは

もっと見る



ページトップへ戻る